退職代行サービスとは

退職代行サービスで弁護士に依頼すべきケースは?|退職代行業者と弁護士の違いも解説

弁護士の退職代行サービス

退職代行サービスを行っている業者はとても多く、退職代行業者だけでなく弁護士も行っています。

多くの場合は退職代行業者に依頼すれば、問題なく退職可能です。ですが損害賠償請求等の訴訟はもちろん、弁護士にしか対応できないなどもあります。

この記事では弁護士と退職代行業者との違いや弁護士に依頼したほうがいい場合、おすすめの弁護士事務所などを紹介していきます。

弁護士と退職代行業者の違い

弁護士に退職代行を依頼

今では退職代行サービスは民間の業者で行うことが一般的ですが、それ以前は弁護士が行っていました。

弁護士の退職代行は今でも行われており、サービス内容の中には弁護士じゃないとできないこともあります。逆に民間ならではの細かいサービスなど、メリット・デメリットがありますので、ここからは両者を比較しながら紹介していきます。

ザックリとした違いは以下の表の通りです。

項目 退職代行業者 弁護士
会社との交渉 ×
料金相場 3万~5万 5万円~(オプション次第で数十万円)
24時間対応
(業者によっては受付のみ)
×(営業時間のみ)
訴訟対応 ×
※その他特典 ×

※その他特典は業者によって違いますが、退職届テンプレートや転職サポートなどがあります。

一番大きな違いは「会社と交渉」です。
弁護士は交渉が可能で、民間は非弁行為になるので交渉できません。
未払い賃金や退職金などの請求や損害賠償請求への対応もオプションで可能なので、金銭交渉などや訴えられる可能性がある方は弁護士にお願いするのが安心です。

その分料金は弁護士の方が高く、民間の退職代行業者の方が安いところが多いです。弁護士だと着手金5万円~というところが多いですが、オプションで金銭請求をするとガンガン値段が上がっていきます。

オプション費用は弁護士事務所によって変わりますが、回収額の20%がオプション費用となっているところが多いです。ですので回収額によっては結構料金が上がっていきます。

また時間制報酬(1時間5,000円~3万円)がある場合もあるので、料金体系が明快なところを選びましょう。

退職代行業者は会社との交渉や未払い賃金の回収などはできませんが、退職のみならリーズナブルです。また24時間対応や退職後の転職サポートなど、退職以外のサービスは民間のほうが細やかになっています。

サービスは業者によって違いますので、

  1. 退職代行のみでいい方や細かいサービスも受けたい方は退職代行業者
  2. 訴訟への対応や確実性を求めるなら弁護士

といった基準で選択するといいでしょう。

弁護士に退職代行を依頼したほうがいいケース

弁護士の退職代行サービス

具体的に弁護士に依頼した方がいいケースは以下の通りです。

こんなケースは弁護士へ
  1. 未払いの残業代や給料を請求したい
  2. セクハラやパワハラなどを訴えたい
  3. 会社がヤバい(有給休暇取得拒否や損害賠償請求されそう)
  4. 会社から損害賠償請求をされている
  5. 退職書類の作成もお願いしたい

以上の場合は弁護士一択です。

金銭交渉は弁護士しかできませんので、未払いの給料や残業代の請求や退職金の回収などが必要なら弁護士に依頼しましょう。

またセクハラやパワハラなどの不法行為があれば、慰謝料の請求ができる可能性があります。会社とキッチリケジメをつけたい方も弁護士がいいでしょう。

また有給消化申請しても拒否、退職に伴う損害賠償の請求をするようなヤバい会社が相手なら最初から弁護士に依頼するのが安心です。もちろん実際に損害賠償請求されているなら弁護士に依頼しましょう。

ちなみに会社が「損害賠償請求するぞ!」と脅してきたとしても、訴訟には費用と手間が膨大な上、勝訴できないことも多いので脅しで終わる場合が多いです。

また弁護士は退職届などの退職書類の作成も可能です。退職代行業者は非弁行為の範疇に引っかかってしまうので、退職者が自分で作成・郵送をしないといけません。ですが弁護士に依頼すれば退職届などは用意してくれます。退職に関する一切をやりたくない方も弁護士に依頼するといいでしょう。(まぁ退職届などはテンプレがあるので作成は簡単ですが)



おすすめの退職代行を行う弁護士事務所

弁護士の退職代行サービス|弁護士法人みやび

弁護士事務所の退職代行はサービス内容や料金など、あまり違いがありませんが、おすすめなのは「弁護士法人みやび(旧・汐留パートナーズ法律事務所)」です。

料金体験はシンプルで着手金5万円でオプションは回収額(未払い賃金や退職金請求など)の20%。日本全国どこでも対応してくれますし、引き継ぎや私物の引取にも対応してくれています。

事前のLINEやメールの相談は無料なので、まずは相談してみて見るのがおすすめです。相談してみて弁護士じゃなくても大丈夫そうなら退職代行業者に依頼してもいいでしょう(笑)

弁護士法人みやびに相談する

退職代行SARABA(サラバ)なら会社と交渉できるよ

弁護士の退職代行サービス|退職代行SARABA(サラバ)

退職代行業者は会社と交渉はできません。

ですが退職代行SARABAは退職代行業者でありながら会社との交渉が可能です。労働組合なので団体交渉権を持っているためです。

代行料金も2万7,000円と安めなので、金銭交渉が不要なら退職代行SARABAに依頼すると問題なく退職できますよ。

【公式サイト】退職代行SARABA

まとめ|退職代行で万全を期したいなら弁護士に

弁護士の退職代行サービス

以上のように、金銭交渉や訴訟対応が必要な場合は弁護士に依頼しましょう。

もし退職代行業者と弁護士のどちらに依頼すべきかわからない場合は出来ることが多い弁護士に依頼するのがおすすめです。

退職代行業者に依頼して、次に弁護士に依頼する形になった場合、出費がとても大きくなります。弁護士事務所には転職サポートなどはありませんが、転職エージェントに依頼すれば一緒ですしね。

退職代行サービスを利用する場合は

  1. 退職のみでOKの場合は退職代行業者
  2. 法的なトラブルがある・起こる可能性が高いという場合は弁護士

という感じで使い分けるといいでしょう。

退職代行業者か弁護士か、どちらに依頼するとしても、まずは無料相談してみるのがおすすめですよ。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA