退職前に必要な知識

退職願と退職届の違いは?書き方とテンプレート、提出までの流れを紹介!

退職届・退職願の違い

退職のときに出すものと言えば「退職願」もしくは「退職届」。

退職願と退職届については、転職や独立などなどの理由に関わらず、在職中の企業を退職する上で知っておかないといけません。

まずは退職の意思を口頭で通告するにしても、最終的には正式な書面が必要で、その書面が退職願もしくは退職届です。

この記事では退職願と退職届の違いや書き方などを紹介していきます。

退職願と退職届の違いはお願いするか通告するか

退職届と退職願の違い

退職願と退職届の違いは以下の通りです。

  • 退職願:会社に退職を願い出るための書類で、退職には会社の承認が必要
  • 退職届:会社に退職を通告するための書類で、退職には会社の承認を必要としない

退職届で一方的に退職を通告して、退職できるか心配があるかもしれませんが、民法第627条1項にて以下のように規定されています。

第627条
  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法第627条 – Wikibooks

要は雇用期間の定めがない人は退職の申し入れ日から2週間を経過すれば退職できるということです。

そうなると最初から退職届を出してしまえばいいんじゃないの?と思いますが、突然退職日を通告されても会社は困ります。

円満退職のためには突然退職届を出すのではなく、できるだけ早い時期に退職願を提出するようにしましょう。

一方的に法律を盾にして退職を通告するのはトラブルの元です。若年時の場合は引き継ぎも少ないかもしれませんが、役職がつくような中堅になってくると引き継ぎに時間がかかる場合があります。
引き継ぎ→退職とスムーズに事を運ぶためにも、退職願をできるだけ早めに出す形にするのがおすすめです。

ただし上司や会社が退職を認めないようなら退職届に切り替えましょう。
退職届も受取拒否をするようなら、内容証明などを利用して強行突破するなど対策を取る必要があります。

ちなみに退職願は会社が了承する前なら撤回できなくもないですが、撤回するのは困難ですので、迷っている段階なら出すのはやめて下さい。
思い直したときに手遅れです。

退職願・退職届の書き方とテンプレート

退職届・退職願の書き方

退職届も退職願も、書き方としてはほとんど違いがなく、内容としては退職の意思と退職日を伝えるのみとなります。

手書きかワードなどで作成するかについては、手書きが通例
現在では手書きでない場合も増えてはいますが、慣習に従うのが無難です。

また縦書きでも横書きでも大丈夫ですが、縦書きが一般的です。

用紙は通常の便箋を使用します。罫線入りのものでも大丈夫です。
書くものは「」のボールペンか万年筆。正式な書類なので、フリクションのような消せるボールペンは避けましょう。間違っても鉛筆やシャーペンは使わないで下さい。

退職願と退職届の書き方テンプレートは以下の通り

退職願・縦書きのサンプル退職願の縦書き
退職届横書きのサンプル退職届の横書き

縦横に関わらず内容は「退職のお願い」か「退職の通告」かの違いになります。

①書き出し|「私儀」もしくは「私事」、「私は」

書き出しは「私儀」もしくは「私事」、「私は」で始めます。

行の一番下(横書きの場合は右)から始めて、次の行から「この度、一身上の都合により、…」と続けていきます。

②退職理由|自己都合退職は「一身上の都合」、会社都合退職は「具体的に」

退職の理由は自己都合退職の場合、「一身上の都合」とします。

ただし会社都合退職の場合は具体的に理由を書きましょう。(セクハラ・パワハラなどで働き続けられなくなった等)
「一身上の都合」としてしまうと、全て自己都合退職で処理されてしまい、後からひっくり返すのが難しくなります。

退職を申し出る前に、自分の退職が自己都合になるか会社都合になるは確認しておきましょう。失業保険の受給で大きな違いが出てきます。

③退職日は事前に相談して決めた日

退職日は会社と相談して決めた日を書きます。(年は西暦でも和暦でも可。)

退職届で一方的に通告する場合は、提出日より2週間後以降の日付です。
また会社の就業規則も確認しておきましょう。就業規則で1ヶ月前と決められている場合もあります。

もし書かない場合は「会社が退職日を決めていい」ととみなされるので注意して下さい。

④届出年月日は提出日

基本的に届出年月日は退職願・退職届を書いた日ではなく、提出日を書きます。

ただし退職を口頭で伝えている場合は、口頭で伝えた日を書いて下さい。

この日付は退職の意思を伝えた日を書くのがルールなので、過去の日付でも問題ありません。(退職日まで2週間以上あるなら提出日でも問題ないとは思います)

また郵送する場合は発送日となります。

⑤自分の部署・氏名|捺印は忘れずに

自分の部署・氏名は宛名よりも下に書きます。
役職名は書かなくて大丈夫です。

氏名の下には捺印も忘れないように。

⑥宛名は社長名

宛名となる会社名と社長名を記入します。

提出先が上司でも、宛先は会社の代表者です。

また社長の敬称は「殿」として下さい。

退職願・退職届提出の流れ

退職届・退職願提出の流れ

退職願と退職届の出し方の一般的な流れを紹介していきます。

  • STEP1
    退職スケジュールを決める
    • 転職先が決まったから退職する
    • 退職してから転職活動をする

    このどちらかでスケジュールは変わってきます。

    転職先が決まっていたら、転職先の初出勤日や有給休暇の残日数などで大まかにスケジュールが決まってくるかと思います。

    退職後に転職活動をする場合は、先の予定がカチッと決めづらいかと思います。
    その場合でもなるべく「ここまでに退職する」、「転職活動はここまで」という感じで、自分なりに先々の予定は決めておきましょう。

    スケジュールを決めていないと、会社からの引き止めなどにあった場合、ズルズルと退職できないことがあります。

  • STEP2
    退職願・退職届の作成

    退職スケジュールを決めたら退職願・退職届を作成です。

    退職願の場合は提出日と希望退職日を記入します。

    退職届の場合は譲れない退職日があるなら提出日と退職日を記入し、退職日を決めてないなら、まだ退職届は作成しなくても大丈夫です。
    会社規定の退職届がある場合は、無駄になってしまいます(^_^;)

  • STEP3
    上司と退職面談

    スケジュールを決めたら、直属の上司に口頭で退職の意思を伝えましょう。
    繁忙期を避けつつ、なるべく早く伝えるのが吉です。

    上司が退職を察して面談を先延ばしにするかもしれませんし、面談で引き止めに入るかもしれません。

    面談にて上司に退職の意思を伝えます。
    退職願はこの時点で出すといいでしょう。

    引き止めなど、面談を重ねることになるかもしれませんが、面談にて退職の了承をもらいます。

    その後、仕事の引き継ぎや有給消化などを相談して、正式な退職日を確定します。

  • STEP4
    退職届を提出

    退職日が確定したら、退職届を提出します。

    会社によっては規定の退職届がある場合があるので、この時点で退職届を作成してもいいかと思います。

    ぼくがいた会社では規定の用紙があったので、もらってから書きました。

  • STEP5
    退職

    引き継ぎ、有給休暇の消化が終わり次第退職完了です!

流れはこんな感じですが、こう見ると退職願って必要か?という疑問がある人もいるかと思います。

ぶっちゃけ「無くてもいい」と思います(^_^;)

まず口頭で退職の意志表示ができますし、口頭で伝え、退職日が決まってから退職届を出すという流れでも大丈夫。
実際ぼくは退職願は作りませんでした。

とはいえ書面で出すと退職を撤回するのは難しいので、上司に退職意思の強さを示す効果が大きいです。
書面で出しておけば有耶無耶にもされづらくなりますし、自分の逃げ道を無くすために作ってみてもいいかと思います。

ちなみにぼくの退職の流れは以下の記事にてまとめています。

まとめ|退職願・退職届は用法を考えて作りましょう

退職届・退職願の違い

退職願・退職届について紹介していきました。

混同しやすいかと思いますが、

  • 退職願:会社に退職を願い出るための書類で、退職には会社の承認が必要
  • 退職届:会社に退職を通告するための書類で、退職には会社の承認を必要としない

という違いは理解しておきましょう。

ちなみに提出の流れも紹介しましたが、必要になれば作成するというスタンスでも大丈夫です。ぼくは会社規定の退職届を書くまで何も作りませんでした(^_^;)

退職届が必要なときに退職願を作っちゃった!ということがないようにすればいいかと思います。

どちらを提出するにしても、提出してしまえば退職まで走りきらないといけませんので、強い意思を持って頑張って下さい。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA